通年通して篠島近海の海の幸をふんだんに使った料理がこの海鮮コース。篠島の旬の海の幸をたっぷり使った、海鮮コースはタコの姿煮や季節の魚の煮付け、旬の魚介のお造りなど篠島の海の幸を味わう基本食材が詰まっています。もちろん素材は主人自ら潜って仕入れてきた魚介や漁師から仕入れた食材がメインとなります。獲れたてピチピチの新鮮な海の幸をご賞味ください!※季節によって使う食材は変わりますので詳細はご予約時にお問合せください。


水夫の宿岬の看板料理といえば貝尽くしコース!素潜りで篠島の海から仕入れてくる様々な種類の貝を、お造り、焼き、揚げ物等の調理法でいただく看板コース。南知多名物大あさり、アワビやサザエ、たいら貝、大ニシ貝、本ミル貝などを一番旨い調理法でお出ししますヨ。コリコリっとした貝の食感。火を通すことで旨味がぎゅっと詰まって口の中に溢れる貝の旨味♪これぞ篠島の味、水夫の宿岬の味というのを堪能して下さい。


篠島じゃ干した鯛を御幣鯛(おんべだい)といって毎年伊勢神宮内宮に奉納している程鯛が有名なんだ。そんな鯛が美味しい季節には鯛をお造りにして出すよ。全部お造りでもいいんだけど、うちは半身を炙りで、半身をお造りで盛り付ける。脂ののった鯛のプリッとした旨味、その脂がちょっと溶け出す炙りの旨味。両方旨いねぇ。オススメだよ。

素潜り漁で獲ってきた大粒のサザエを壺焼で。もっともスタンダードな食べ方だけど、一番うまい食べ方かもしれないヨ。ちょっとほろ苦い味も酒飲みにはたまらないねぇ。

たいら貝やタイラギ貝などと呼ばれるけどこっちではタイラギ。タイラギの貝柱は高級食材らしいけど島じゃ普通に出すよ。新鮮だから貝柱も旨いし甘い。もちろん貝柱以外の部分も焼いたりして味わってもらう。これは新鮮な獲れたてのタイラギを使う島ならではの味わいかもね。


意外と知られていないのがハモ料理。関西の方では夏の定番料理のようですが篠島でもハモ料理をお出ししています。ハモは骨切りと言われる熟練の技が見せどころ。 この骨切りをするといい音がするんです!聞かせてあげられないのが残念。 夏にはさっぱりとハモ料理をいかがですか?

篠島名物となったタコの姿煮。丸々一匹茹で上げるこの姿煮は、火加減と、上げるタイミングが難しいんだな。絶妙のタイミングで茹で上げた姿煮は驚くほどやわらかく、噛めば噛むほど旨みが出てくる。程よい味付けが癖になる、篠島に来たなら絶対に味わってほしい逸品だね。

南知多の名物となった大あさり。大あさりは焼いて食べるのが一番旨い!酒と醤油でもバターでもいけるが、うちは出汁とマヨネーズで焼くんだよ。出汁の旨味とマヨネーズが貝の臭みを取ってくれるので貝が苦手な人もどんどんいけちゃうよ!